消費者金融と銀行カードローンってどっちが良いの?

レイクやアコム、プロミスと言った消費者金融と、
三菱東京UFJ銀行カードローン、三井住友銀行カードローン、住信SBIネット銀行カードローンのような銀行カードローン。

どちらもCMで頻繁に流れているし、街を歩いていても看板を良く見ますよね。
でも、「どっちがお得で、どっちに申込めば良いんだろう」って思った事ありませんか?

消費者金融と銀行カードローンってどっちが良いの?
 

当サイトでは、消費者金融、銀行カードローンのそれぞれの特徴とサービスを比較し、
どちらのキャッシングを利用すれば良いのかケースバイケースで検証いたします。

あなたにぴったりのキャッシングカードローンが見つかること間違いなし!

 

<消費者金融と銀行カードローンってどっちが良いの?>目次

三菱東京UFJ銀行カードローンの評価
楽天銀行カードローンの評価
じぶん銀行カードローンの評価
三井住友銀行カードローンの評価
レイクの評価
くらべる君の評価
サイトマップ

 

カードローンを選ぶ際に、一番重要になってくるのが、
あなたが今、どのような状況でお金を借りようしているのか?
『現在の状態をしっかり把握する』という事です。

「どのくらい借りたいのか?」
「毎月の返済額はいくらなら払えるか?」
「何か月で返済したいのか?」

 

逆を言えば、こういった状況をきちんと把握出来ていれば、
あなたにピッタリのカードローンを見つけることはとても簡単です。

キャッシングカードローンは、
利用する金額、期間、他社からの借入額、利用頻度によって、
適正なカードローンは変わってきます。

 

大体のキャッシング計画は立っているけど、
カードローンの種類が多すぎてよく分からない。
審査に通るか心配。

という事であれば、簡単な質問に答えるだけで、
複数のカードローン会社のおおまかな審査結果が
一括で表示できる無料匿名サービスがあるので、使ってみてください。

 
【無料匿名・審査サービス】くらべる君

 

「とにかく、利息が1円でも安い方が良い!!」
というのが、あなたの希望だと思います。

金利だけの話であれば、
消費者金融より、銀行カードローンの方が、
金利は確実に低いです。

ただ、金利が低い=お金を貸すリスクが高い
なので、当然審査が厳しくなります。

審査が厳しい

金利が低いと、返済時の利息も少ない。

確実に回収できるお客さんをカードローン会社側も選ぶ。

だから審査が厳しくなる。

というお話です。

 

いくら金利が安くても、お金を借りられなければ意味がない!
ですよね?

なので、金利と審査難易度のバランスを見る事が
非常に重要になってきます。

先程紹介した【くらべる君】は、
あなたの借入状況などを加味した上で、
審査に通る確率が高いカードローン
一括で絞り込んでくれるので非常に便利です。

 

もう1つ頭に入れておいて頂きたいのが、
消費者金融は金利が高いけど、『無利息サービス』がある。
という点です。

消費者金融は、金利の高さを
無利息サービスや、お金を貸し出すまでのスピードでカバーしています。

 

どうしても、銀行のカードローンは、
審査や手続きなどに時間がかかるため、

「申込み後30分で融資」「その日の内にキャッシング」
とは、中々いきません。

その点、消費者金融であれば、
スピードを売りにしている所も多いですから、
即日お金を借りたい人の要望にも応えてくれます。

 

どちらを選ぶかは、
あなた次第ですが、

ご自分の状況と、
カードローンの審査難易度の
バランスを見て申込むのが一番良いです。

迷ったら、くらべる君。

 

くらべる君は、あくまで仮審査の結果ですが、
各提携カードローン会社の審査基準に基づいて
結果を表示してくれるので、

「かなり信憑性が高い」
と口コミでも評判になっています。

 

銀行カードローンの仮審査を試せるのも嬉しいですね。

消費者金融には、「3秒診断」「簡単お借入診断」
といった簡易審査サービスがよくありますが、
銀行カードローンにはないんです。

なので銀行カードローンに申込みたい時は
通常、一発勝負になってしまうのですが、
「くらべる君」を使えば、
審査に通る確率が「ある」か「ない」か、簡単に調べる事が出来ます。

 

30日以内に返済できる目途があるなら、
プロミスやレイクの無利息サービスを利用した方が絶対良いです。

「何か裏があるんじゃ?」
と疑いたくなる気持ちは分かりますが、
正真正銘30日間無利息になります。

なので、どんなに金利の低い
銀行カードローンよりもお得!

金利1%の会社よりも安いです!

 

1点だけ注意する点があるとすれば、
無利息期間内にも『返済日』があるところ。

5月20日に借りて、
返済日を25日に設定したとしたら、

利息は発生しませんが、
元本をいくらか返済する必要があります。

 

「無利息だから支払うのは30日後でいいや~」
なんて思っていると、

返済が遅延したことになり、
延滞利息、無利息サービスの適用中止など、
エライ目に合うので注意してください。

 

消費者金融も銀行カードローンも
利用し尽くしてきた管理人としては、

初めは消費者金融の無利息サービスを利用する事をオススメします。

なぜなら、銀行カードローンは審査が厳しく、
お金を借りられる可能性が低いから。

 

一度審査に落ちてしまうと、
おなたの信用情報データベースに
【審査落ち】の履歴が残ってしまい、

その後、別の会社で借りようと思った時に
不利になってしまうケースがあるんです。

なので、最初は融資を受けやすく、
しかも無利息サービスのある消費者金融でお金を借りる。

 

返済遅延などしなければ、
それはそのまま、あなたの実績になるので、

「融資を増額して欲しい!」
と思った時には、より金利の低い
銀行カードローンに相談してみると良いでしょう。

無利息サービスは新規申込み時しか使えないので、
それが一番お得な必勝法だと思われます。

 

迷ったら『くらべる君』
あと、当サイトの記事も参考にして頂けると嬉しいです(笑)